猫とムーンライト・セレナーデ

好きなことつらつら書いてます

ソロモンの偽証  映画 感想

見てきました。妹と一緒に。それほど最初は興味なかったのですが妹に「演技すごいらしいよ!」という話を聞き、それならと思い早速観に行きました。

結果、とてもおもしろかったです。

この映画、原作は宮部みゆきさんの小説なんですね。

 

宮部みゆきさんの小説はそれほど多くは読んだことはありません。ほんの数冊程度です。その数冊程度なんですがこの人の書く文章というか、表現がどうにも生々しくリアルで苦手で。この人の書く物語はファンタジーでも、なんていうんでしょう・・・。何かどす黒い、人間の憎悪なんかが不快になるぐらい詳細に描かれていたこともあって(あくまで私の印象ですが)夜中は見たくないな…と思うくらいには私的には怖いんですよ~ その情景が頭の中で反芻されちゃって。

なので映像か・・エグくないかなあ(精神的に)と心配していましたが、やはり所々の描写が・・ウッ!となる場面はありましたが、想像してたよりは怖くなかったです。

 

★個人的な映画の点数です★
前編‥75点
後編‥65点
 
※ここからネタバレ注意
※また私は小説未読です。ここは小説だと◯◯だけど映画だとカットされてる!アレンジされてる!っていう部分があれば是非教えて下さい
 
 
 
どんな話なのか簡単に言うと、とある中学で殺人事件が起こり、その事件の第一発見者となった主人公が学校で裁判を開こうとするお話しです。
 
うーん、まず設定がすごい。学校で裁判てなんぞや。有罪、無罪とか子どもが言ったところで何の解決にもならないのでは?‥と最初は思ってました。
 
しかし、これは罪を糾弾するのではなく事件に巻き込まれてしまった人たちに説明を求めることが出来る、その人たちにとっての挽回のチャンスを与えられる場‥だとすればこの『学校裁判』の存在の意味は、まぁ分かるかなと思ったんですよ。
 
前編までは事件発生から裁判の準備まで。
 
正直‥私は前編の方が好きです。
あの事件が始まる前の日常‥そこから不穏になっていく雰囲気が面白くてたまりませんでした。
 
後編はまるごと裁判の話ですね。(序盤に少し準備が入ってたかな)
 
しかし、その裁判内容が思っていたものと
違いました‥。うーん、ちょっと残念だったかな。
 
まず第一に1日1日がさっぱりしすぎていて、ちょっと感情移入しづらいかな、と思いました‥(°д°;)
 
いや、尺が足りないのは‥わかります。
でも、黒木華さん演じる女性教師のくだりはもう少し欲しかったし、父兄がいる前で『柏木くんが怖かった~』なんていったらそれこそ人生終わる気がするんですけども。しかし‥可哀想な人だ。タイミングが悪かったばっかりにマスコミに叩かれて‥
 
あれ、そういやあの新聞記者はどこいった‥
 
なんか序盤の方と女性教師とあの頭がイカれた隣人の修羅場?にしか出番なかったし(しかも後ろにちょっといるだけ)
 
学校裁判のことニュースとか新聞とかにはしなかったのかな?(・・;)反省したってこと?
 
そして、この事件の真相‥
 
なんと
柏木くんは
 
殺されたのではなく、自ら命を断ったと‥
しかもそれを神原くんは知っていたと‥
 
えええええ(°Д°;≡°Д°;)
 
うそだー!!うそだーー!!
前編見た後に
「やっぱジュリちゃんが犯人なのかな‥?いや、それとも大出の取り巻きとか怪しくね‥?」とか予想してたのに!!恥ずかしい!!恥ずかしい!!
 
っていうか、神原くんは柏木くんから電話来た時点で警察呼んだらよかったんじゃ‥
あの状況じゃダメかな‥?
 
てことで、結局実質的な犯人はいなかったということは少し残念でしたが
主人公藤野涼子の「自分の罪は自分で背負っていくしかない」という言葉を聞いて
 
ああー‥この 言葉 ‥
絶望的になりそうな言葉だけど、そこに少し優しさというか温かみのある言葉だと私は思いました。なんというか 宮部さんらしい言葉だな と。思ったわけです。らしいって、個人的なイメージなんですけどね。今まで小説読んできて感じたイメージ。
 
でも最後はみんなハッピー?みたいな終わり方なのは うーん、って思いました。
まぁ やりきったけど、そんなに明るくなるとこでもないよ‥ね‥
 
全体としてはとても良かったです。演技素晴らしい!また別の作品で藤野涼子さん見たいですね。
 
 
 
 
 
 

 

 

終わった

大事な用事がとりあえず終わった。


はー肩こったなぁ。


落ち込む気持ちもあるけどちょっとだけでも前に進めただろうか。

あとすぐ泣く癖を治したい。なんていうかブサイクが泣くと手の施しよ

うがないからゴニョゴニョ…って自分で言ってて痛々しいな!!!でも治したい書いておこう。

明日は

明日は結構重要なことがある日

 

それが終われば、ちょっとだけひと段落できるので

 

 

あともう少し頑張ろうー

今年の抱負

今週のお題「今年の抱負」

 

今年の抱負は

 

猫を飼う!

 

やりたくないことでも少しがまんしてやる・・・です。

後者は子供っぽい気がするけど、少しでも達成できるようがんばります。

 

私が猫を飼うまで➀

なぜか突然猫が飼いたくなった。

 

 

いや前々から飼いたいなあという気持ちはあったが、やはりお別れのときを考えると辛い。やっぱりやめようと思う日々を繰り返していた。

 

先日、妹の課題の都合で動物園に行った。その動物園には動物(ひよこ・モルモットなど)に触れ合えるという場所があり、せっかくなので行ってみた。

 

その動物園には小さい頃は頻繁に訪れていて、もちろんそのふれあい広場にもよく行って動物に触っていた。とても楽しかった思い出がある。

 

それから数年たち、動物園には行かなくなった。

 

そのため何年間も動物と接触する機会がなかったのでその時動物を久しぶりに触ってとてもドキドキした。

自分が動物嫌いになってたらショックだなあと思った。

 

でも触ってみて

 

ああ、可愛いなあ・・と思えた。こんな風に動物にそばにいてもらえたらどんなに素敵なんだろう・・・

 

・・・・・・そうだ・・・・

 

じゃあ・・・・・・飼えばいいじゃないか!そうすればずっと一緒にいられる!

 

お別れがさみしいのはあたり前だけども一緒にいられる時間を大切にすればいいじゃないの!

 

 

それに、里親募集してたりする動物はたくさんいるし、そういった飼い主が見つからない子たちを助けたい

 

という意味でも・・・!

 

 

 

と今まで抑えてた気持ちが抑えきれず、家族に相談してみた。

 

本当に大丈夫か?と心配されたけども想像していたよりも反対はされず飼うことの許可を得た。

 

じゃあ、何を飼おう・・・・・それは・・・猫・・・・・

 

猫だ!

 

 

猫を飼うことに決めました。なんとなくとかではなく、何か飼うとしたら猫だなと決めていたので。

 

ペットショップではなく、里親募集しているサイトさんや集会などに行ってビビッとくる子を見つけたいな。

 

現在も進行中の猫計画。とりあえず二月中に譲渡型の猫カフェに行ってみようかと計画中。

 

 

 

 

最近興味が沸いたこと➁

 

前回の記事で書いた興味が沸いたことの二つめ。それはTRPGです。

TRPGのことは名前だけ聞いたことがあって、どんなことするのかなあ?と疑問に思ってました。書店などでもTRPGの本がちらほら目に付いて気になってました。

ニコニコ動画にもTRPG関連のリプライ動画が上がっていて勇気を出して?見てみたところ・・・ハマってしまいました。

その中でもクトゥルフ神話TRPGが・・とても私好みでした。

元々サスペンス映画・ドラマが好きで、不気味な事件が起こりそれを解決するために色々なキャラがお互いを利用したり協力したりして事件を解決していく・・という展開が大好きで。もうね・・化け物が人に化けてたりだとか怪しい組織とバトルしたりだとか本当にもう・・おもしろい・・おもしろい!やってみたい!

 

と思ったのですがそう簡単にはできなさそう。とりあえずルールブックを手に入れることから始めたいですね!いつかできるといいな

 

最近興味が沸いたこと①

最近興味を持ったこと、ハマったことがいくつかあるので、まず一つ紹介します。

それは、福本先生の漫画 です。
その中でも一番ハマっているのが
f:id:amanoyosihiro:20150203233545j:plain

ざわっ… ざわっ…

画像でキメ顔で映ってる主人公 伊藤開司くん。(通称カイジ)

割とクズ。いや、結構クズだけど根は優しくて憎めないカイジ

序盤結構下衆だなぁと(主人公のくせに)思ったけどこいつ以上に下衆な奴が沢山出てきます。

人は人のことを平気で裏切る…なんてひどい世界なんだー!と思いました。が、割と現実でこんなことになったら皆こうなるのかも…?と思い始めてしまうリアルな心情描写!怖い!でも面白い!
名言も沢山あります。
私は特に利根川先生のお言葉が身に染みました。本気になれない病気とか…ああっ…胸に突き刺さるっ…!

すごく面白くて現在連載している賭博堕天録まで見ています。
一番好きなキャラは堕天録で大活躍中のこの方。f:id:amanoyosihiro:20150203234816j:plain
和也っていう名前で現在のカイジの敵キャラですね。今後が楽しみ。